フレンチルーレット レイアウト アンプリゾン

konibet-icon
トップページルーレット > ルーレットの種類(2)

フレンチルーレットについて

現代のルーレットの種類は大きく2系統、

と書きましたが、実はもう一種類、フレンチルーレットというものもあります。

【フレンチルーレット】

フレンチルーレットのレイアウト

下記がフレンチルーレットのレイアウトです。

フレンチルーレット

ヨーロピアンルーレットと同じでゼロ1コ(シングルゼロ)。
ただしテーブルレイアウトは、アメリカンルーレットやヨーロピアンルーレットとは異なります。

フレンチルーレットのルール

チップの置き方・賭け方は他のルーレットと変わりません。

ただフレンチルーレットにはアンプリゾンルール(En Prison Rule)という特殊なルールがあり、
これはイーブンベット(1:1賭け)でゼロに入った場合、賭け金は保留・または半分が戻るというルールです。

(*)ワイルドジャングルでは「La Partageルール」という名前で呼ばれています。

例えば赤に$10賭け、スピンの結果がゼロの場合、普通は負け($10全て没収)ですが、
La Partage ルールのフレンチルーレットでは、半分のみ没収、$5は戻ってきます。

フレンチルーレットのハウスエッジ

基本的に、同じシングルゼロのヨーロピアンルーレットと期待値は同じですが、La Partage ルールがあるため、イーブンベット時の期待値がかなり有利になっています。

期待値
アメリカンルーレット
94.7%
ヨーロピアンルーレット
97.3%
フレンチルーレット
イーブンベッド:98.65%
その他のベット:97.3%

つまり、期待値の観点で、フレンチルーレットは最も「勝ちやすい」ルーレットと言えます。

フレンチルーレットはオンラインカジノで

フレンチルーレットは最近の主流ではなく、最近のカジノでは殆ど見かけません。

ルールが若干煩雑になるので私は個人的には殆どプレイしませんが、
もしやりたい場合はオンラインカジノにあります。

例えばワイルドジャングルカジノには2種類のゲームがありますね。

roulette_list

期待値の差は長期収支に大きく影響しますので
イーブンベット(赤黒賭けなど)で勝負する人には一考かと思います!

→次の記事「ルーレットの遊び方」へ