ルーレットで勝つための指南書

konibet-icon

トップページルーレット攻略記事> ルーレットで勝つための指南書

ルーレットで勝つための指南書

これはとても簡単なトリックで、ほんの少しの忍耐と冷静さが必要です(しかし、この時代に忍耐と冷静さを必要としないものはないでしょう)。


数字の繰り返しの頻度を基準にしています。 ご存知の通り、ルーレットは確率論に基づいています。

振る回数が多ければ、すべての数字が当たる確率は多かれ少なかれ均等になります。では振る回数が少ないときはどうするのですか?通常とは少し違っていて、当たる確率が高い数字と低い数字があり、やや混沌としていることに納得していただけるのではないでしょうか。

これは偶然か、それともホイール表面の凹凸によるものかもしれません。 また、プログラムエラーと思われることもあります。

その方法は:

37ラウンドのゲーム(ゼロが1つのヨーロパルーレットホイールの場合)または38ラウンドのゲーム(ゼロが2つのアメリカルーレットホイールの場合)の順番にヒットした数字を記録する。
この37ラウンドのゲームの結果から、2回以上当たった数字を選びます。
次の37ラウンドのゲームでは、選んだ数字すべてに一定額を賭け、最後に、選んだ数字のうち1つか2つが当たったら、その選んだ数字に今までと同じ額を賭け続けるのです。 なぜなら、通常、勝つ確率が高いからです。
この37ラウンドのゲームが終わったら、ゲームを終了し、次の37セットの数字を記録し、上記のように2、3、4の順番で繰り返す

37ラウンドのゲームでは、基本的に6~11の数字に賭けることになり、9~13の当選確率となることがわかります。

一般的に言えば、それはもう大金と言えるです。

ルーレット-シャウヌフベッティング法

ルーレット・ベットのコツ


ルーレット

とても特別なベッティング法です。ルーレットには36個の数字と1個のゼロ、つまり37個の数字がホイールにあります。数字に賭けて、当たれば配当1:36を貰える。とにかく66ドルを投入し、4個の数字を空白にして、残りを賭けます。

4つ空白のうち1つでも当たれば負けです。 他の33個のうち1個でも当たれば、6ドルの儲け!

もちろん、この4つの数字は必ずいつか当たります。 だから、このゲームはあまり長くやらないで、1、2回やってみるだけでいい。6~12ドルなんて、大した金額じゃないですよ さて、注意していただきたいのは、以下に説明するように正確に賭けることです。

– 36ドルを赤に賭けて

– 以下の隣接する数字に対して、1ベットごとに4ドル。

“0と2、8と11、10と13、17と20、26と29、28と31(数字に直接賭けないで、その間の中間線に賭けること。 これはごく普通のベットですが、どこに賭けるかを正確に知る必要があります)、これはスプリットベットと呼ばれ、6つのグループがあり、4×6、すなわち24ドルを賭けます。

– 1回2ドルで4,6,15,22,24,33,35の中から任意の3数字を賭けることができます。

残りの4つは空欄にしてください。 4つの数字のどれにも当たらなければ、6ドルをゲット! もちろん、賭け金を2倍にすることもできますが、自分が台無しにならないように気をつけましょう…。

大切なのは、ルーレットはヨーロッパルーレットであることです。

ルーレットには、アメリカンルーレットとはヨーロッパルーレットの2種類があります。 両者の違いは、はヨーロッパルーレットはゼロが1つ、アメリカンルーレットはゼロが2つあることです。 とにかくアメリカンルーレットで勝つ可能性は低い。

ルーレット・テクニック-ラボガ・メソッド

ルーレットホイールでのラボガメソッドのやり方

 

この方式はスクラッチ式と呼ばれることもある。紙とペンを用意しておくとよいでしょう…。

1,2,3,4,5…といったように、増えていく数字を好きなだけ書き込んでください。

ベット数は、最初の数字と2番目の数字の合計で、この場合1+5=6となります。

6(USD、EUR、RUB)を好きな色(赤か黒)にベットしてください。

と、その色に賭け続ける。

ホイールを回し始める…

勝ったら、左右の数字を消してください。 ここでは、1と5を消しています。

新しい数字のセット2,3,4が作られ、次のベットは2 + 4 = 6となることを意味します。

負けた場合は、負けた分がセットの最後に追加されます。 ここに6を足す、つまり1,2,3,4,5,6。

だから、次の試合のベットは7だ。

紙の上の数字がなくなるまでプレイして、自分の勝ちがわかる。


ルーレット・ラボガ・メソッドの原理


原理はこうだ。ホイールには2つの色しかない。 だから、当たるか当たらないかというルールになっているんです

(ゼロに当たるのも可能ですが、そう何度もあることではありません)。つまり、負けたときとほぼ同じだけ勝てるわけです。

負けたら数字を1つ足し、勝ったら数字を2つ消すということはわかりましたよね?

つまり、この方法のポイントは、紙に書かれた数字がすぐに消され、勝てるということです。