ルーレットの8つのヒント

konibet-icon

トップページルーレット攻略記事> ルーレットの8つのヒント

ルーレットの8つのヒント

ルーレット(ロシアンルーレットではありません)は、マカオやラスベガスのカジノには必ずあるゲームですし、コニベットなどのオンラインカジノにもルーレットがあります。 しかし、プレイヤーの共通の反応は、「数字が多すぎるとなかなか勝てない」というもの。ルーレットもカードゲームと違って、前のゲームの記録はあまり参考にならないです。

実際、カジノでルーレットの前に座っている人は、カジノ経験者が多く、何時間も座っていることが多いです。 なぜなら、ルーレットはカジノの中でも特に利益率の高いゲームだからです。私はここで、ルーレットのコツをいかに簡単に掴むことができるかをお教えします。

1.ベッティングの期待値を理解する

これは、ルーレットをプレイする際の最初の、そして最も重要なステップです。 例えば、バカラでは、引き分けに賭ける期待値は、バンカーに賭ける期待値よりも低くなります。つまり、引き分けの配当(オッズの8倍)は、バンカーの配当(オッズの2倍)よりも低くなるのです。 例えば、スポーツベッティングでは、パスに賭ける期待値は、別のパスチームでの1試合に賭ける期待値よりも低くなります。

世界で唯一、高確率のものに賭けるときに低確率のものに賭けるときよりも期待値が低くならないゲームはルーレットで、1:1の大小シングルやダブルの赤や黒に賭けても、1:36のシングルナンバーに賭けても期待値は変わりません。 これがルーレットの魅力であり、最も有利なゲームです。

 

2.最小額面のチップの交換

前述の通り、配当1:1のゲームをプレイしたい場合は、バカラかブラックジャックを選択します。 バカラはカジノの中でプレイヤーが一番有利なゲームて、ブラックジャックも賞金を2倍にするチャンスがあります。ルーレットをプレイするなら、高配当を狙おう、ナンバー選びに賭けろということです。

マカオの実在するカジノに行くにしても、コニベットなどのオンラインカジノを利用するにしても、「小さくても大きく遊ぶ」ことが目的なのだから、当然チップを最小単位に変えるべきであり、テーブルで持つチップの大きさが視覚的に判断や欲求に影響する。 ルーレットをプレイする目的は、小さいものから大きいものまでをプレイすることですが、一般的な1:1のゲームに比べて勝率は低いので、チップの大きさをコントロールすることで、自然と勝率が上がります。

 

3.ベッティング戦略の確立

まず、1:36では必ず1つの数字に賭けることになりますが、これは1つの数字にしか賭けられないということではなく、実際には、低配当と高オッズの組み合わせに賭けたり、複数の数字を同時に選択したりすることができます。

例えば、1度に3つのシングルナンバーに賭けた場合、勝ったときの利益は約12倍(資本金を含む、資本金を含まない場合は11倍)、1度に4つのナンバーに賭けた場合は9倍、1度に6つのナンバーに賭けた場合は6倍となります。 6つ以上の数字を選択しないことを推奨しています。6つ以上の数字を選択すると、ルーレットの目的が失われてしまうからです。

 

4.保険を設置する

目標とする配当を設定したら、資金を守るために使用するリスクレバレッジを設定することになります。ベッティング戦略の配当が高ければ高いほど、保険のレバレッジオッズは低くなるという一般原則を念頭に置いてください。 例えば、一度に3つの数字に賭けることを選択した場合(12回)、保険として1:1サイズのシングルとダブルの赤と黒を、一度に6つの数字に賭けることを選択した場合(6回)、相互保険として1:3サイズのコラムやゾーンを使用するとよいでしょう。

 

5、数字の配列を理解する

ホイール上の数字は無秩序に見えますが、実はルールがあるのです。まず、ルーレットをフロントレッド、フロントブラック、ミドルレッド、ミドルブラック、バックレッド、バックの6つのエリアに簡単に分割できます。簡単な識別方法:前部の赤はルーレットの右上の領域に集中し、前部の黒は右下に集中し、後部の赤は左下に集中し、後部の黒はに集中します左上、中央の赤は左上に均等に配置され、右下の中央の黒は右上と左下に均等にスコアが付けられます。


この分け方の目的は、記録しやすくすることです、例えば、フロントエリアの赤が割合の1/4よりも大幅に開いている場合、ルーレットを投げているディーラーが回転するボールを右上に投げる癖があることを意味しています。カジノでルーレットをプレイするときは、番号が何度も呼び出されても開かないとは思わないでください。ボールを回転するテイラーも人間です、人間に癖があります、人の癖をすぐに変更できることではありません。

 

6、数字を選択する

上記は、番号選択の便宜のために、番号の配置を区別する方法を示しています。まだ初期段階で運をテストしているときは、どちらの方向でも、可能な限り中央の領域で番号を選択できます。ボールがどこに行っても、あなたは当たりを獲得するチャンスがあります。テイラーに投げる癖があると思ったら、先ほどの保険理論に合わせて、例えば、右に負けると判断したら、中央エリアの赤6の数字に最小のチップで賭けることができます。 そして、3枚のチップを使ってフロントセクション(右上+右下)の12個の数字に保険をかけ、フロントセクションが出れば、損をせずにお金を取り戻せるというわけです。

利益を拡大する方法は、保険の適用範囲をターゲットの範囲に重ねることです。 また、運がいい時には、このようなプレーの仕方も考えられます。

 

7、損切りポイントを厳密に設定する

ギャンブルには、損切りポイントと利益ストップポイントを制御する必要があります。例外はありません。ルーレットが他のギャンブルゲームに比べて優れている点は、損切りポイントを高く設定できることです。これはルーレット自体の特性から派生:高オッズと低オッズの賭けの期待は同じであり、低オッズを目標とする他のギャンブルゲームと比較して、高オッズを主な賭けの目標として使用します。時間軸が長くなるということは、時間リスクのコストが大きくなるということであり、統計的には標準偏差が大きくなることを意味します。

 

8.資金管理

資金管理は重大な課題です。お勧めは、最初の賭け金を最低額面の50チップ分にすることです。オッズの最低目標を6回と見ても、50チップであれば、6回分の誤差があることになります(本命36チップ、保険14チップ)。 50+50を損切りポイントとした場合、ストップロスは150チップに設定できます。

“遊びながら稼ぐ”これはギャンブラーの自己満足のスローガンに過ぎない、と思われる方も多いと思いますが、本当に利益が出るほど楽しめるとしたらどうでしょうか。宝くじを買うようなもので、希望のために少額のお金を使う。 もちろん、ルーレットには「希望」のような高価なものはないが、宝くじのように当たらないわけではない。でもルーレットの特性を把握すれば、少額の資金でも稼ぐチャンスができますよ。