ルーレット攻略 七回目の法則 偏り

konibet-icon

トップページルーレット攻略法 > 七回目の法則

7回目の法則によるルーレット攻略(1)

とあるルーレット攻略法を1つ紹介します。

これは確率・統計理論を根拠としている(と言われる)攻略法で「7回目の法則」とも呼ばれます。単純に言えば出目の偏りを狙ったものです。

7回目の法則のやり方

「確率上、同じサイドが7回続くことは滅多にないはずだ。」という考え方を根拠に、同じ色が7回連続した時にその逆に賭けるという方法です。

やり方

  1. 6回連続同じ色(赤or黒)が出現するまでじっと待つ。
    →この間ベットしません。じっと待つだけです。
  2. 1が出現したら、その逆の色にベットする。
    →例えば黒が連続6回出現した時が勝負です。赤に好きな金額をベットします。

同じ色が7回連続して出現する確率はたったの0.8%。
だからこの方法は理論上99.2%の確率で勝てる!というわけです。

応用

7回目の法則はカラーベットだけでなく全ての1/2の賭け方に適用できます。

また、この法則は「連続するリズムが崩れる」という考え方によるものなので、下記の様な様々なバリエーションが考えられます。

7回目の法則の検証

どうです?これは勝てそうな必勝法に感じませんか?

もし上記を見て「これはすごい!」と思ったら、、、、残念!
あなたはギャンブラー失格です。
(かくいう私もこの方法を初めて見た時は心が踊りましたが・・)

この方法には大きな穴があります。

赤・黒といった1/2の出目の確率は常に50%です。

つまり
何回ルーレットを回そうが、赤が出る確率はいつも50%(実際には0があるのでそれ以下)、
前回の結果からは完全に独立しているのです。99%の確率で勝てると考えてはいけません。

じゃあこの方法は使えないのか?

というと、私は嫌いではありません。

気分的には「期待感をもってベットできる」という興奮があります。
それにこのような逆張りで大きく当たればギャンブル特有の大きな快感も味わえます。

一手として覚えておいてよいかと思います。

→次の記事「七回目の法則(応用編)」に進む