ルーレットルールとベッティング戦略を総合的に分析します

konibet-icon

トップページルーレット賭け戦略> ルーレットルールとベッティング戦略を総合的に分析します

ルーレットルールとベッティング戦略を総合的に分析します

ルーレットはカジノでプレイしやすいギャンブルゲームの一つですが、通常、簡単なギャンブルゲームにはカジノエッジが高く、ルーレットも例外ではありませんが、簡単に遊べてゆっくり遊べるものを求める場合にはルーレットが良いですが、リターンが良いものを求める場合にはルーレットはNGです。

各種のルーレットルール

【アメリカンルール】United States Rules
アメリカンルーレットには、1~36、ゼロ(0)、ダブルゼロ(00)の38個の数字があり、1つの数字でも、テーブルに用意された数字の組み合わせでもプレイすることができます。
下の表は、アメリカのルールで利用可能なベット、配当、期待値を表示します。
アメリカンルーレットのルール
ベット 配当 期待値
赤1:1 47.37
ブラック1:1 47.37
オッド 1:1 47.37
偶数 1:1 47.37% #1~#18 1:1 47.37% #19~#36 1:1 47.37% #1~#12 2:1 31.58% #13~#24 2:1 31.58% #25~#36 2:1 31.58% (注)1.
任意の1つの数字 35:1 2.63
2つの図形の組み合わせ 17:1 5.26
3つの図形の組み合わせ 11:1 7.89
4つの図形の組み合わせ 8:1 10.53
 6つの数字の組み合わせ 5:1 15.79% 0,00,1,2,3の組み合わせ 6:1 13.16%

 


【シングルゼロルール】Single Zero Rules
アメリカでは、ゼロ(0)ホイールが1つしかないところもあり、ハウスのアドバンテージは2.70%にまります。シングルゼロホイールは、一部のカジノにしかなく、オープン時間も短いです。
ザ・トロピカーナザ・モンテカルロ

 

 

[アトランティック・シティ・ルール】Atlantic City Rules
アトランティックシティでの1対1のベット(赤、黒、奇数、偶数、1~18、19~36など)は、ヨーロッパでは若干ルールが異なり、0と00はベットの半分を失うだけで、ハウスアドバンテージは2.63%に下がりますが、シングルゼロのラウンドではそうはなりません。

 


【ヨーロッパルール】European Rules
プレイヤーが1対1の賭け(赤、黒、奇数、偶数、1~18、19~36)をした場合、賭け金の半分は失われますが、残りの半分は次のラウンドのために保持されます。ただし、次のラウンドの計算方法は様々です。
ハンブルグのカジノでは、賭け金の残り半分がプレイヤーに還元され、ハウスエッジは1.3514%となっています。
ベルリンのカジノは残りの半分の賭け金を保持し、次のラウンドが0か00の場合はプレイヤーの負けとなり、次のラウンドが勝ちの場合は賭け金の返却に加えて通常通りの配当が行われます。
アメリカ大陸でのカジノゲームに関するMensaガイドラインによると、0または00が引かれない限り賭け金は保持され、ブックメーカーは1.3514%のアドバンテージを得ることができます。
オランダのブックメーカーによると、0が数回連続して引き当てられた場合、賭け金は2倍になります。つまり、賭け金が戻ってくるには、2回の連続した勝利が必要になります。

数値アライメント


一見すると、ホイールの数字は完全にランダムに配置されています。ほとんどの数字のペアは、別の数字で区切られており、これらのペアの合計は37または39です。

ホイールトラッキング
ホイールにパターンがあることは何千回もの実験で証明されていると言われていますが、私はそうは思いません。そうでなければ、カジノでは今でもホイールトラッキングを使っていませんし、今さらホイールのパターンを探ろうとしても無駄な努力だと思います。

ベッティングシステム / Betting Systems

本来の最も一般的なベッティングシステムは、負けた後に賭け金を2倍にするベッティングシステム、つまり、賭け金を1つずつ倍にしていくベッティングシステムです。確実に勝てるシステムなんて夢のまた夢で、長い間、ギャンブラーはカジノを無敵にしてきた0や0や00のカジノ・アドバンテージを克服することができなかった。ですから、たまにカジノに行って、運に賭けてみたいと思ったら、ルーレットは、運のいい賭け方をすると、いい配当が得られるので、いいゲームだと思います。 そうでなければ、ブラックジャックをプレイするのが一番です。