ルーレット賭け戦略2つ

konibet-icon

トップページルーレット賭け戦略> ルーレット賭け戦略2つ

ルーレット賭け戦略-ラインプレス

確実に勝てるわけ戦略でもなく、私の発明でもないのですが、今までの経験を語りたい。

ラインプレスとは、その名の通り、サイドラインにチップを置き、サイドラインに関連する数字が当たりさえすれば勝ちというものです。

 

ルーレット・ラインプレス-ポイント1

 

6枚のチップを使い、(1、4)(7、10)(13、16)(19、22)(25、28)(31、34)という無関係な6本の線上に置くと、ゼロを開けない限り、プラスマイナス0になるから、たた遊ぶだけ。

ポイント1は、あまりメリットないと思われるかもしれませんが、実はカジノポイントになることもあり、”ゼロ”を見る前に、すでに十分なポイントが得られているケースも少なくありません。

ルーレットには”ゼロ”というのリスクは常に存在し、みんなもそれを知っているのです。

また、赤と黒をそれぞれ300枚ずつ、ゼロを20枚買って、ゼロで100枚儲け、赤と黒で20枚損をする、という採点方法も同じように使えます。

何のためのポイントなのか? カジノによっては毎日抽選やキャッシュバックがあり、それを目当てに来る人もいるので、抽選はもちろんのこと。

ルーレットは一部のオンラインカジノネズミのポイントツールです。

 

ルーレット・ラインプレス-ポイント2

 

4つのチップを使用し、無関係の4つのラインに配置した場合、結果は2対1、つまり勝った分の半分を失うことになり、これは3ゾーンをプレイして2ゾーンを購入したのと同じことになります。

3for2の様々な遊び方は、ポイント1と同じですが、ポイント2はより柔軟に、12個の数字の大きなゾーンを6個の数字の小さなゾーンに変えて、高い数字を狙えるようにすることができます。うまくすれば、小遣い稼ぎにもなるしね。

プレッシャーラインで無闇に遊んだり、負けたり勝ったりする人がいるが、それは自殺行為に等しい。

ルーレットで確実に勝てる「フィボナッチ法」

ルーレットで確実に勝てる「フィボナッチ法」の歴史

 

フィボナッチとして知られるレオナルド・ピサン(Leonardo Pisan)は、1170年にイタリアのピサで生まれた。フィボナッチはボナッチ家の一員であった。

少年時代はずっと外交の仕事をしていた父について地中海を旅した、数学と多民族文化への憧れから、数学の問題を解くことを得意とするようになっていた。

 


ルーレットで確実に勝てる「フィボナッチ法」の例


ルーレットのフィボナッチョ方式は以下の通りです。

1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233, 377, …

上の数字の集合は、隣り合う2つの数字を単純に足したものです。 最初の数字は1であり、2番目の数字は0+1を足して得られる(1の前に他の数字がないため)。 ここでまた1、次に1+1で2、1+2で3、そして5+3=8、となるわけです。 その方法は、ラブシェールと同様である。 プレイヤーは単純に空のセットからスタートします。

最初のセットで勝てば、そのセットはキャンセルされます。 自分のセットに勝っただけで、何も記録する必要はありません。最初のセットに負けた場合は、記録を開始して「1」を書き込まなければなりません。 次に書く数字は、次のハンドにいくら賭けるかを示しています。 負けた場合は、いくら負けたかを賭け、それをセットの最後の数字として書き込む。

当たれば、右から2つの数字を消していきます。 つまり、当選した番号を消していくのです。 ご存知のように、負けるたびに数字を記録し、勝つたびに2つの数字を消していくのです。 ここでも、慎重にゲームをスタートさせる必要があります。 しかし、この方法を使えば、勝つための冷静さを身につけることができます。

1. 1枚賭けて1勝1敗

2. 1枚賭けて1勝1敗2分け

3. 2枚賭けて1-1-2-4で負ける。

4. 3枚を賭けて1-x-x-1を獲得する。

5. 1枚賭けて、1-1 – 2の損失。

6. 2枚賭けで、1-1-2-4で負け。

7. 3枚賭けて1-1-2-3-7で負けた。

8. 5枚を賭けて1-1-x-x – 2の勝ち。

9. 2枚賭けて1-1-2-4で負け。

10. 3枚を賭けて、-x-x-1 で勝ち。

11. 1枚賭けて1-1-2負け

12. 2枚を賭けてx-x +0を勝ち取る。

13. 1枚を賭けて終了+1勝ち

このグループは優勝しました。

全体としてフィボナッチョ方式は理想的です。 プレイヤーに余計な心理的・経済的負担をかけることはない。 楽しく遊びたいけど、アドレナリンが出るのは苦手というタイプのプレイヤーに。 そんなあなたにオススメなのが、このフィボナッチ法です。