31法 31システム 連勝 デメリット

konibet-icon
トップページカジノの資金管理法 > 31法(31システム)

31法(31システム)とは?

31法(31システム)は、ルーレット赤黒賭けなどのイーブンベットにて使用できる資金マネージメント手法です。


この方法は31枚のコインを使用し、最大9回の勝負なかで1度でも2連勝すれば勝ち越せるという方法です。

31法(31システム)のやり方

それでは31法(31システム)のやり方です。

まず賭け金を$31(コインを31枚)用意します。

段階に応じて賭け金を調整しながら、最大で9回ベット行います。
下記表に従って勝負します。

段階 勝負1 勝負2 勝負3
段階A
$1(勝負A-1)
$1(勝負A-2)
$1(勝負A-3)
段階B
$2(勝負B-1)
$2(勝負B-2)
-
段階C
$4(勝負C-1)
$4(勝負C-2)
-
段階D
$8(勝負D-1)
$8(勝負D-2)
-

やり方(ルール)としては

  1. 勝負A-1から開始。まずは$1賭ける。
  2. 負けた場合は「次の勝負」(右)に移る(1→2→3→次の段階)

    →例えばA-1で負けた場合は、次はA-2です。再び$1で勝負します。
    (一番右の勝負で負けた場合は、下の段階の勝負1に移動します)

  3. 勝った場合は「次の段階」(下)の勝負1に移る(A→B→C)

    →例えばA-1で勝った場合は、次はB-1です。賭け金は$2です。

で、下記のいずれかでワンセット終了します。

・・表に従ってこの勝負を行えば、「2連勝した時点で勝ち越し」となります。

(逆に連勝できずにD-2まで到達すると$31ドルの負けが確定します。)

9回の勝負の中で1度でも2連勝すれば勝ち越せる・・これが31システムの特徴です。

シミュレーション

例えば下記表の様に勝負が流れます。

31way

×:バズれ、◯:当たり

ここでは勝負D-1で2連勝して、勝負終了。
$7の勝ち越しとなります。

<p>ここでは勝負D-1で2連勝して、勝負終了。<br>$7の勝ち越しとなります。</p>

金額的にさほど高リスクでなく、イーブンベット1回の連勝で必ず勝ち越せるのはよいですね。

イーブンベットで9回の勝負のうち2連勝できる確率がどの位あるか、という確率の問題になるかもしれませんが、感覚的には赤黒勝負の2連勝などは頻繁にあり、試して面白い方法とは思います。

気に入った方は試してみてください。
そこそこ勝てたら深追いは禁物。そのあたりは他の必勝法と同じです。