モンテカルロ法 キャンセレーションシステム 方法 デメリット

konibet-icon
トップページカジノの資金管理法 > モンテカルロ法

モンテカルロ法とは

モンテカルロ法キャンセレーションシステム(ラビーシステム)と呼ばれる資金マネージメントシステム手法の一種です。


「この方法でモンテカルロのカジノが倒産した・・」とも言われる攻略法で、マーチンゲール法より期待できる!?やり方に少々手間がかかり、実施するには紙とペンが必要です。

モンテカルロ法やり方

勝ったら倍になる勝負(ルーレットの赤黒など)でこの攻略法を使うと仮定して、
モンテカルロ法のやり方を説明します。

  1. 目標とする金額(勝ちたい金額)を決めて、いくつかの数字にバラして並べる。 → 図の場合は目標額を$20として設定。数字は合計が20になるよう適当にばらして低い順に並べます。
  2. 両端の数字の合計をベット額として、勝負する。 → この勝負では$6。
  3. もし負けてしまった場合はベットした額を右端に追加する。 → 負けた額($6)を右端に追加して次の勝負をします。 次の勝負は両端の「1」「6」で$7です。
  4. 勝った場合は数字を消し、残った数字の両端で勝負を続ける → 勝ったらその数字を消します。そして残った数字の両端で次の勝負します。 次の勝負は「1」「5」で$6です。
  5. 以上を繰り返す。

    数字が全て消えた時、目標額($20)分勝っています。

モンテカルロ法の考え方

これが一体何なんだ?と思う人もいるかもしれませんが、よく見てみてください。

ルーレット赤黒では理論上勝つ確率が約50%ですから、普通に考えて数字は減っていくだろうと考えられます。とっても攻略法らしい攻略法に思えませんか?

モンテカルロ法メリット・デメリット

モンテカルロ法はちょっと実践してみたくなる必勝法だと思います。マーチンゲール法のように資金が加速度的に減るという事もなく安心して使えます。

ただこの必勝法は、いちいち紙とペンで記入する必要があるのが面倒です。実際のカジノでディーラーや他のプレイヤーの前で堂々と実行できるかと言えば少々やりづらいでしょうね。

しかしオンラインカジノなら別です。他のプレイヤーがいませんし、自分のペースでルーレットを回せるので。この方法はオンラインカジノに非常に向いている必勝法に思えます。

ただしルーレットには0、00があるので、実際の期待値は50%ではないです。また連敗が続くと数字は意外に増えていきます。決して必勝法ではなく、そこそこコンスタントに当てる必要はある、という事は忘れないように。

メリット

デメリット

結論

オンラインカジノで一度は実践してみたい必勝法。