ROIで賭け金を調整してルーレットに勝つ!(スプリットベッド)|ギャンブル攻略法を探る

konibet-icon
トップページカジノの資金管理法 > 賭け金を完全調整(1)

ROI(return on investment)とは?

投資の用語に「ROI(return on investment)」という言葉があります。これは「投下した資本に対してどれだけの利益が得られたか」を示すもの、つまり「費用対効果」です。

このROI(費用対効果)の意識をギャンブルにも取り入れることで、

ゲームをプレイすることができます。

では実際に、ルーレットの勝負でROIの考えをどの様に当てはめることができるのか。
下記はその一例です。

ROI(費用対効果)を意識したルーレット攻略法

ではROI(費用対効果)を意識したルーレット攻略法を考えてみます。

~ROI(return on investment)を使った戦略立て~

ここでは一例として、資金$200、ROIを20%に設定して、スプリットベットで勝負します。

ROI=20%、つまり、
ベット額総計に対して20%以上の利益が出るように賭金を調節しながら勝負していきます。

(「スプリットベット」は右図の様に2つの数字に賭ける方法(配当18倍)です。)

条件

Table Header
投資金
手持ち金:$200 初期投資額:$5
ROI
20%
ベット方法
スプリットベッド(配当18倍)

勝負の流れ

ROI20%を超える様に、ベッド額一覧を作ります。(投資計画を立てる)
表に従って、当たるまで勝負を続けます。当たったら初めに戻ります。

投資額一覧表
回数 賭け金 賭け金累計額 勝った時の配当 純利益 ROI
1回目
$5
$5
$90
$85
1700%
2回目
$5
$10
$90
$80
800%
3回目
$5
$15
$90
$75
500%
4回目
$5
$20
$90
$70
350%

(*)純利益とROIに注目。どの勝負でも総投資額20%以上の純利益が必ず出る。

スプリットベッドする数字は好きな場所で構いません。表示したがって賭け金を調整して勝負を進めていきます。

この方法だと、負けが確定するのは25連敗した時のみです。
(25連敗しなければ、必ず最低20%の利益が出せます)

よくわからない方、例えば15、16回目の勝負に注目してみます。

15回目のベット額は$5、累計投資額は$75で当たった場合の純利益は$15なのでROIは20%(15/75*100)です。しかし16回目は$10に増額しています。ここで$5ベッドを繰り返すと、もし当たってもROI20%を割ってしまうためです。

この様にROI20%以上をキープするようにベッド額を調整していくわけです。

総評

この方法の良いところは、戦略に基いてベッド額を増額していく点です。

スプリットベッドで当たる確率は38/2、つまり19回に一回当たる計算です。$200の資金でこの方法で勝負した場合、25回ルーレットを回すことができます。さらにROIを20%以上に設定しているので、一度当たれば必ずプラスに転じます。

リスク低く、大きなリターンもあるという割のよい勝負が見込める攻略法と言えます。

・・とはいえ、実際やってみるとスプリットベットなので、なかなか当たりにいと感じるかも。。。

さらにリスクを減らしたコーナーベッドやシングルベッドの複数賭けなどにも応用可能です。(>ROIを使った必勝法(コーナベッド編)

↓↓ 【公式】コニベット登録 ↓↓